スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
長崎行きました ⑤ 
2007 / 03 / 03 ( Sat )  18:27
20070227232525.jpg


宿に戻って夕飯となりましたが、本日は長崎名物の卓袱料理を頂きました。   『卓袱料理は、「おひれをどうぞ」のオカッツァマ(女将)のひとことで始まる。おひれ(吸い物)をいただいたあとは、刺身、ハモの湯引き、豚の角煮など続き、スープ、ご飯、果物などが出て、最後は汁粉が出る。大きな朱塗りの丸テーブルに7人分までの料理が並ぶ。卓上いっぱいの華やかな料理の数々と器。ごちそうを囲む和気あいあいの顔、顔…。「しっぽく」は長崎の料理の花形である。卓袱料理や卓袱台の「卓袱」は中国風の食卓のことである。前者は唐音から、後者は卓袱の中国音Cha fuの転という。卓袱料理は、「古く長崎地方から流行し始めた中華料理の日本化したもの。主として魚肉を用い、各種の器に料理を盛って卓袱の上に置き、各人取分けて食う。長崎料理」である。』   ←某サイトから勝手に引用してしまいましたが、詳しく言うとそうらしいです。画像はまだほんの一部で、この後も次から次へとたくさんの料理が運ばれてきて大満足でした。出て来た料理の中にはハモではなくサメの湯引きもありましたが、珍しくも非常においしいものでした。説明にもあるような豚の角煮(東坡煮)や、エビのすり身をパンではさみ揚げたもの(ハトシと言うらしいです)も出て来て、こちらも絶品の料理でした。萌はお子様料理、蓮は離乳食の為卓袱料理ではなかったので、いつかまたここに来て食べさせてあげたい。 食事の後は二人の子供を風呂に入れ、結婚式に出ている相方の帰りを待ちました。が、式の時間が押しに押して十時を過ぎても戻らず、萌の寂しさがピークになろうかとした時にようやく戻ってきました。頑張ってがまんしたね、えらいえらい。
スポンサーサイト
未分類 * Com(0) * Tb(1) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
  【卓袱料理】について
卓袱料理卓袱料理(しっぽくりょうり)とは和食・洋食・中華料理をミックスさせた長崎市の郷土料理。卓袱料理というのは宴会用コース料理のスタイルを表す言葉である。長崎での結婚披露宴では卓袱料理が振る舞われることが多い。大皿から取り分けて食べる。コースの内容は店
2007/03/06(Tue) 01:32:55 |  すしなびどっとこむ
プロフィール

らっぱ吹き

Author:らっぱ吹き
がらくた主義へようこそ。
なんでもない出来事や
感じた事を紹介します。
肩肘張らずにのんびり
いきたいと思います。

申し遅れましたが私は
「らっぱ吹き」と言います。
静岡県の浜名湖周辺に
細々と生息しています。

趣味・特技は 車、
バイク、ボーリング、
色々な音楽を聴くこと、
トランペット演奏、散歩、
釣り、熱帯魚飼育、
スポーツのTV観戦、
など様々・・・。

ペットショップと雑貨屋と
メガネ屋とラーメン屋と
くだらない事と自然と
音楽と清水エスパルスと
そして京都が大好きな
30歳の♂です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。